2018/03/13 05:38

2015年はひびのこづえさんにとって、「サーカス」の年と言えるでしょう。


ダンサー森山開次さんの公演「サーカス」という舞台に、衣装・美術として参加しました。
様々な衣装や舞台装置を生み出しつつ、「サーカス」の世界観を構築して行く中で、関連イベントや作品を次々と発表しました。


このビーズアクセサリーシリーズもその一つで、〝王冠を被った動物たち〟という共通のモチーフをタオルなどのグッズにも展開しています。


彼女の定期的な活動として、舞台衣装の端切れを使い「ちいさな生きもの」を作るワークショップを行っています。
東京の拠点として、渋谷ロフトに「ちいさな生きもの研究所」が設けられています。
2015年はその一周年記念イベントとして、「ちいさな生きものたちのサーカス展」も開催しています。