2018/05/05 06:59

誰もがどこかで見たことのあるUFOのイメージ、円盤型のUFOから降り注ぐ謎の光、攫われる牛、そして宇宙人との遭遇。
いつの間にかそんなイメージが、私たちの頭の中に刷り込まれています。


ただ黄色の中にシルエットで描かれているだけなのに、牛は上方向へ動いているとしか思えない、何だかよくわからない生き物?は宇宙人(宇宙生物)で、下方向へ動いていると何故か思ってしまいます。
共感していただける方はこのぽち袋、グッとくるはずです。


「cobato」の全てをデザインしているタカハシケイタさんは、牛の角度や宇宙人の位置など、それらしく見える配置を時間をかけて検討されたそうです。
「cobato」は、クスッと面白く、渡すことで会話が生まれて印象に残る、大人が楽しく使える紙雑貨を作っています。